国保連への伝送サービス|作業の負担を軽くする介護事務ソフトを活用しよう
man and woman

作業の負担を軽くする介護事務ソフトを活用しよう

国保連への伝送サービス

female

安心安全の請求処理

ケアネットメッセンジャーとは、介護事業所が国保連伝送をインターネットを通じて出来るサービスの事です。暗号化されたインターネット回線を通じてケアネットメッセンジャーのセンターサーバーへ請求ファイルを伝送し、それをケアネットメッセンジャーの電子証明書を使用して国保連合会へ伝送します。ですからわざわざ電子証明書を準備したり、国保中央会の伝送通信ソフトなどは不要です。インターネットが出来る環境であれば、サービスを受ける事が出来ます。国保連合会から発信されている審査結果や支払通知を受け取る事も出来ます。未請求防止の為に注意メールが届くので安心です。セキュリティに関しても、ケアネットメッセンジャーの通信は、SSLによる暗号化処理でとても安全です。

このサービスのメリット

ケアネットメッセンジャーの良いところは、まずはコストが削減出来る点です。ケアネットメッセンジャーの月額利用料は1,000円と非常に安いので、電子証明書や伝送通信ソフトを利用する場合より、初期費用などがかなり抑えられます。そして操作のしやすさも重要です。介護の仕事をしている方の中には、50代・60代の方もいますから、操作が簡単だと安心して使用出来ます。マニュアル通りに操作をしていても、どうしても操作が分からない場合も出てきます。そんな場合は、サポート体制も充実しているので、フリーダイヤルやメールでの問い合わせで問題を解決出来ます。介護の仕事は、精神的にも体力的にもとても大変です。ケアネットメッセンジャーを使って簡単請求をおすすめします。